Article

        

ローズクォーツの意味・効果

2018/ 03/ 15
                 

ローズクォーツ
(紅水晶)

持ち主を愛で満たし、優しさや柔和さを引き出す










もったりとしたミルキーピンクのローズクォーツ。

手に触れて見つめていると、心にあたたかな優しい気持ちが拡がってゆきます。



石の特徴


石英系のストーンで、和名は「紅水晶」です。
「薔薇水晶」ともいわれ、古代からエジプト、ローマなどで美容や装飾、彫刻を施した芸術品など、様々な用途で用いられてきました。

「金紅石」という内包物を含んでいる場合は、カボションカットを施した時に「スター効果」という光が浮かぶものもあります。

※ストーンを光に当てると、六条の光が見られます。



石の効果

とても優しいこのストーンの最初のお仕事は、まず「持ち主の心を癒す」ということから始めます。

優しいピンクのカラーは、見つめているだけで、また触れているだけでホッとあたたかな気持ちにさせてくれます。

自分を徹底的に癒し、徹底的に愛し、セルフイメージを高めて自信がついた持ち主が、今度は対外的に愛や癒しを発揮出来るように後押ししてくれます。

その女神のような慈愛に満ちた姿は、異性に限らず全ての人々の目に魅力的にうつるようになります。

まずは自分を愛する。そうして初めて、他人を心から愛し、そして愛される。

このローズクォーツという石が、「恋愛のお守り」と呼ばれる理由は、このような愛の循環を自然に引き起こす力を与えてくれる為です。

自分を愛する女性はキラキラと輝き、心に余裕もある為に大きな「慈愛」や「母性愛」などを発揮出来ます。

この石が、愛の女神「アフロディーテの石」と象徴される理由も、納得がいきますね。

失恋で心が壊れそうに苦しい時。嫌なことや悲しい事があって、心がヒリヒリと痛くて苦しくてたまらない時…。


ローズクォーツを握りしめて、そっとハートの辺りに押し当ててみてください。


「泣いてもいいんだよ。」と、誰かに優しく受け止めてもらえたような、あたたかな温もりを感じるかもしれません。


【効果一覧】


♡自分を許し、癒す。

♡自分を愛する。

♡セルフイメージが高まる。

♡失恋からの癒し。

♡慈愛や母性が高まり、人から好かれる。

♡柔和で気品のある魅力が高まる。

♡人間関係の円滑化。



浄化方法


☆月光浴

☆ホワイトセージ

☆流水

☆水晶クラスターやさざれの上で休ませる



※日光浴はあまり向きませんが、時々ほんの少しお日様に当ててあげると良いです。




【原産国】ブラジル、マダガスカル、インド、アメリカ合衆国、スペイン、ロシア、スコットランドなど



【結晶系】三方晶系



【モース硬度】7


【化学成分】二酸化ケイ素












💖過去記事💖病気にならない3つの極意!


ランキングの応援していただけると幸せです♡いつもありがとうございます♡心より感謝します!



人気ブログランキングへ



占星術とジェムストーンのお店、love rad lightにも、気軽に遊びに来てください♡真心込めた商品を、見ていただけるだけでも嬉しいです♪♪♪


恋愛運♡仕事運☆健康運♪金運✳︎
貴女の幸せを応援する、パワーストーンを取り入れた開運アクセサリーを随時更新してゆきます!






ツイッターとインスタはじめました♪♪♪


ミカサのTwitter♡


ミカサのインスタ♡



ブロトピ:今日のブログ更新


゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚ 
関連記事
                         
                                  

コメント